JapanVisaProcess

日本人の 配偶者ビザ の在留資格取得にあたっての要件

家族滞在ビザには、就労活動の制限はありません。
日本人の配偶者若しくは特別養子又は日本人の子として出生した者に付与される在留資格です。
日本人の配偶者とは?
日本人の子とは?
日本人の実子をいい、嫡出子のほか、認知された嫡出でない子が含まれるが、養子は含みません。
日系二世、日本国籍を喪失した元日本人も含まれます。

技能ビザ :在留資格の取得にあたっての要件について説明

技能ビザは本邦の公私の機関との契約に基づいて行う産業上の特殊な分野に属する熟練した技能を要する業務に従事する活動。技能ビザの活動要件は定められます。特定技能、技能実習とは異なります。技能ビザの活動要件は、次のいずれかに該当し、かつ、日本人が従事する場合に受ける報配と同等額以上の報酬をうけること。

技術・人文知識・国際業務の在留資格取得にあたっての要件

技術・人文知識・国際業務は、本邦の公私の機関との契約に基づいて行う理学、工学その他の自然科学の分野若しくは法律学、経済学、社会学その他の人文科学の分野に属する技術若しくは知識を要する業務又は外国の文化に基盤を有する思考若しくは感受性を必要とする業務に従事する活動。具体的には、上陸基準省令の1号から3号への該当が必要。

日本で行う活動内容に応じた在留資格の種類をかんたん解説

日本で行う活動内容に応じた在留資格(就労・留学・家族滞在など)をかんたんにご案内します。 在留資格取得の見積もりは 日本で行う活動内容に応じた在留資格 外交 日本国政府が接受する外国政府の外交使節団若しくは領事機関の構成 …

日本で行う活動内容に応じた在留資格の種類をかんたん解説 もっと読む »