日: 2022年8月1日

技術・人文知識・国際業務の在留資格取得にあたっての要件

技術・人文知識・国際業務は、本邦の公私の機関との契約に基づいて行う理学、工学その他の自然科学の分野若しくは法律学、経済学、社会学その他の人文科学の分野に属する技術若しくは知識を要する業務又は外国の文化に基盤を有する思考若しくは感受性を必要とする業務に従事する活動。具体的には、上陸基準省令の1号から3号への該当が必要。

日本で行う活動内容に応じた在留資格の種類をかんたん解説

日本で行う活動内容に応じた在留資格(就労・留学・家族滞在など)をかんたんにご案内します。 在留資格取得の見積もりは 日本で行う活動内容に応じた在留資格 外交 日本国政府が接受する外国政府の外交使節団若しくは領事機関の構成 …

日本で行う活動内容に応じた在留資格の種類をかんたん解説 もっと読む »